クラシック音楽と読んだ本、子どもとふれあい日記(ときどきグルメ)

クラシック音楽と読書の感想 家族とのふれあい 時々グルメも 一東葛サラリーマンの日々の雑録

珠玉の名品 シューベルトのピアノ・ソナタ第13番 ルプー、バレンボイム、ケンプ

time 2017/07/03

シューベルトのピアノ・ソナタ第13番 イ長調 D.664は、演奏時間20分弱の小規模なソナタですが、とても美しい作品で、ときどき聴きたくなるピアノ曲の一つです。

1819年の夏、シューベルトが21歳の時の作品です。シューベルトのイ長調のピアノ・ソナタだと、後期の大作、第20番が有名ですが、あちらを「イ長調大ソナタ」、こちらを「イ長調小ソナタ」とも呼ぶそうです。

曲は3楽章構成です。

第1楽章はアレグロ・モデラート。木々の間を抜けるそよ風のような爽やか第1主題は一度聴いたら忘れられないほど印象的です。穏やかな表情を持っているものの、どこか儚げで不安定な瞬間を垣間見せながら、あくまでも自然に音楽は流れていきます。

第2楽章はアンダンテ。夢見るような美しい音楽です。

第3楽章はアレグロ。駆け下りてくるような下降音型で始まります。リズミカルな旋律はモーツァルトを連想させますが、懐かしいようなメロディーはやはりシューベルトならではのものです。

いろいろ優れたCDが出ていますが、ラドゥ・ルプーのものは、シューベルトに相性の良いピアニストらしく、実に繊細で美しい演奏です。陰影も豊かで、テクニックも完璧。まずは申し分のない録音です。

バレンボイムのも、この曲への愛着が感じられる、良い演奏です。若い頃と違って、肩の力の抜けた親しみやすさがあります。

そのほかでは、ケンプは1つ1つの音を慈しむように弾いています。内田光子はモノトーンの心象風景のような手触り。

この曲をわざわざ録音するようなピアニストは、曲に愛着があるに違いなく、それなりに皆特徴のある演奏をしています。

スポンサーリンク




シューベルト:ピアノ・ソナタ第13番&第21番

新品価格
¥1,728から
(2017/7/13 13:08時点)

シューベルト:ピアノ・ソナタ集

新品価格
¥6,219から
(2017/7/13 13:08時点)

Piano Sonatas

新品価格
¥2,625から
(2017/7/13 13:09時点)

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

アーカイブ

スポンサーリンク




カテゴリー


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。