クラシック音楽と読んだ本、子どもとふれあい日記(ときどきグルメ)

クラシック音楽と読書の感想 家族とのふれあい 時々グルメも 一東葛サラリーマンの日々の雑録

うつ~認知行動療法を受けることになりました

time 2018/09/12

リフレックス(45ミリグラム)と頓服のワイパックスを処方されて1ヶ月以上経ちました。

どうしても将来のことを悲観してしまうことを医師に話すと、某大学病院での認知行動療法のプログラムをやってみないか、と言われました。

通常、認知行動療法は高額なのですが、そのプログラムは無料なのです。その代わり、始める前と後でMRIを撮って、画像診断をすることで、認知行動療法の効果があったかどうかを測定するのです。

週1回のカウンセリングを16回。つまり4ヶ月の長期間です。受ける日は数時間仕事を抜け出すことになるので、ちょっと迷いましたが、経済的な負担がないということ、薬だけでは限界があると感じていたこともあり、お願いすることにしました。

まず、最初に大学病院で問診があります。臨床心理士の先生から、1時間弱、かなり細かいことを聞かれました。

その結果、採用するには少し足りない、つまり症状が軽いということを主治医の先生から言われ、もう一度、次の週に、別の心理士の先生から問診を受けました。ここでも現在の症状などを中心に聞かれました。

結果、何とか採用していただけることになりました。

正直、受けることが決まるまでにここまで細かい手続きがあるとは思いませんでした。でも考えてみれば、通常ならば1回数千円から1万円くらいかかるカウンセリングを無料で受けられるのですから、厳しい審査があるのは当然かもしれません。

次はMRIです。続きはまた報告します。

 

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

アーカイブ

スポンサーリンク




カテゴリー


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。